使い勝手の良いエコペイズ

エコペイズに限定特典が登場した

エコペイズの限定特典

本来入出金サービスとして用意されるエコペイズは、オンラインカジノと違い特典がありません。サイトを経由しても、あまりメリットを得られない気もしますが、ここ最近になって様々なメリットが用意されています。エコペイズをサイト経由で申し込みすると、少しだけメリットを得られるようになり、エコペイズの利用が行いやすくなります。

エコペイズをサイト経由で申し込むと

特定のサイトを経由すると、ボーナスが受け取れるなどの方法をオンラインカジノは持っています。エコペイズの場合は、ボーナスを受け取れるなどの方法は持っていませんが、アカウントのグレードが上昇するようにしています。エコカードを使いたい場合には、シルバー以上のアカウントを持っていなければなりません。シルバーにするためには、アップグレードの手続きを必要としていますが、サイトを経由すると手続きが免除されます。
それどころか、ゴールド会員扱いとなりますので、通常よりもメリットを得られるアカウントになります。個人に送金する場合には、手数料が不要となるため、エコペイズを持っているユーザー間であれば、非常に利用しやすいでしょう。オンラインカジノをプレイしたいので、お金を貸してほしいと言われた場合に、手数料のことを考慮する必要がありません。
それ以外にも、入金額によってVIPアカウントに昇格するなど、通常では考えられないような特典が受けられるサイトもあります。ここ最近は、エコペイズをサイト経由したほうが得をするケースもあります。

オンラインカジノに関連する影響は

エコペイズのグレードが上昇していくことは、オンラインカジノにはあまり意味のないことかもしれません。エコペイズ自体の変化は起こっても、オンラインカジノにはその効果があまり得られないからです。ただ、送金手数料が軽減されるようになりますので、手数料を減らしたいと思っているなら、ゴールド会員クラスにはなっていたほうがいいでしょう。
ゴールド会員は、両替手数料が少しだけ軽減されるようになり、金額的にはメリットを得られるようになります。両替をしない人は、関係ないことかもしれませんが、両替を何処かで行わないと駄目な場合には便利です。
特に、オンラインカジノからATM出金を考えている場合は、両替を自動的に行なってくれるサービスの関係で、手数料が発生することとなります。金額を抑えたいと思っているなら、会員のランクは上げたほうがいいです。

エコカードの問題がエコペイズにも響いている

エコカードの問題がネック

エコカードは、エコペイズが発行しているキャッシュカードのようなものです。キャッシュカードを持っていないと、銀行口座から出すのは難しいのですが、エコペイズもしっかりキャッシュカードを作って対応してくれます。ところが、エコカードの通貨単位と、エコペイズの通貨単位が間違っていると、出金に大きな問題が出てしまいます。

オンラインカジノから出す時にはエコカードが便利

エコカードを持っている人は、オンラインカジノから出したお金をすぐにATMで出せるようになります。お金を多く出したいと思っている場合には、ATMを経由して何度も出金作業を行えばいいのです。比較的簡単に行える方法でもありますから、エコペイズを利用するならエコカードを持ってください。発行していることで、アカウントのグレードもシルバーに格上げされます。
エコカードを持っていなかった場合、振込以外でお金を戻す方法がありません。時間がかかってしまいますし、振込手数料はATMでの出金よりも高いものとなっていて、余計に負担が大きくなってしまいます。あまり負担を大きくしたくないと思っているなら、エコカードを発行してエコペイズから出すようにしてください。

エコカードの通貨単位を調整しないと危ない

ここで1つだけ気をつけたいのが、エコカードにも通貨単位が設定されていることです。普段の銀行では、キャッシュカードの通貨単位は円に設定されていますので、円を出すためにカードを入れれば、なにもしないままお金を出してくれます。手数料がかからないのは、キャッシュカードでの変換を行う必要が無いからです。
しかし、エコカードはバラバラの通貨単位を設定できますので、エコペイズと違うものを設定できます。エコペイズとエコカードが間違っている場合には、エコペイズに残されている金額をエコカード用に調整しなければなりません。ここで手数料が発生するので、また余計なお金を取られてしまいます。
エコカードは、とても便利なものとして採用されていますが、利用するからには問題ないように通貨を調整するようにしてください。そして通貨が一緒になっていれば、手数料が発生することはありません。手数料を削減したいと思っている方には、少し手間がかかるかもしれませんが、なるべく同じものにしておきましょう。
意外なことですが、エコカードの通貨は色々なところで利用できます。使いやすい通貨にしたいものですが、エコペイズとの調整はしっかり行ってください。