法的・道義的安全性への対策

オンラインカジノと聞いて、オンライン上で行うカジノだということまでは簡単にわかるかとは思います。
しかし、実際オンラインカジノがいつから利用されるようになったのか?安全性はどうなのか?など気になるところも多いと思います。

そこで、今回は、そんなオンラインカジノを様々な角度からご紹介したいと思います。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史は、1996年からと比較的新しいものとなります。
一般的なギャンブルとは違い、ネット環境が整わないと利用することができないオンラインカジノ。
そのため、ネットが爆発的に普及し始めたころからの歴史となります。

1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが、初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決しました。
そのことをきっかけに普及し始めたオンラインカジノ。
その後、2000年には、ライブカジノが導入され、2010年にはスマホやタブレット端末でもオンラインカジノが楽しめるようになりました。

それと同時に日本語サポートサービスを充実させてきたオンラインカジノ。
日本語サポートサービスの充実により、英語に自信がない日本人でも安心して楽しむことができるようになり、日本国内でも爆発的な人気となりました。

オンラインカジノの魅力・特徴について

オンラインカジノの魅力は何といっても、場所と時間を気にすることなく、カジノを楽しむことが可能になっている点です。
一般的な日本国内のギャンブルの場合、開催日時が決められているほか、開店・閉店によって、楽しむことができる時間が限られています。
一方、オンラインカジノの場合は、開催日時も開店時間なども一切なく、24時間365日利用することが可能です。
そのため、自分のペース合わせ、楽しむことができるのです。

帰宅してからの楽しみにする人や休日の楽しみにする人。
また、スマホを利用し移動時間の楽しみにする人など、自分に合った使い方が可能となっています。

オンラインカジノは違法ではないのか?

オンラインカジノは違法ではないのか?

日本では公営ギャンブル以外違法ギャンブルとなります。
公営ギャンブルとは競馬や競輪などを指し、その中に今のところカジノは含まれていません。
そのため、日本国内でカジノを運営することは違法行為とみなされます。

しかし、オンラインカジノはこういったギャンブルとは一線を置くことが可能となります。
例えば、日本人がラスベガスやマカオに行き、カジノを満喫しても違法にはなりません。
それと同じなのです。

オンラインカジノの運営元は海外の企業です。
これは、ラスベガスなどのようなランドカジノと同じです。
そのサイトを利用しカジノを楽しんでいるため、一般的な摘発対象のカジノにはならないのです。

ただし、オンラインカジノの場合は完全に合法というわけではありません。
摘発の対象にはならないものの、今後どうなるかわからないグレーゾーンとなります。
そのため、今後の動向を注意しておく必要はあります。

詐欺やインチキが行われているのか?

オンラインカジノすべてがクリーンなサイトではありません。
サイトの中には、悪徳サイトも紛れている場合があり、そのようなサイトを利用すると詐欺やインチキの被害に遭ってしまいます。

しかし、安全なオンラインカジノを利用した場合、詐欺やインチキの被害に遭うことはありません。
まず、オンラインカジノを運営するためには、ライセンスを取得する必要があり、この審査は非常に難しいものとなっています。
そのため、ライセンスを取得しているオンラインカジノは安心して利用できるサイトの証となります。
そのうえで、オンラインカジノでは、第三者機関により定期的にチェックを受けています。
そのような家庭をきちんと踏まえている限り、インチキすることのない安全なカジノと言えます。

オンラインカジノにおけるペイアウト率はどの程度か?

オンラインカジノにおけるペイアウト率はどの程度か?

オンラインカジノのペイアウト率は非常に高いと言われています。
それは、実際に店舗を構えていないことで人件費などを削減し実現させているもので、95%以上の高いペイアウト率を誇っています。
宝くじで50%。競馬・競輪で75%という数字に比べ、どれだけ高いペイアウト率になっているかわかるかと思います。

オンラインカジノと他のギャンブルに違いがあるのか?

オンラインカジノと他のギャンブルに違いがあるのかと言われると、自由度に大きな違いがあると言えると思います。

一般的なギャンブルの場合、開催日や開店時間などが決められ、また、その場に行きギャンブルを楽しむほか、馬券を購入する必要があります。
一方、オンラインカジノの場合は、24時間365日いつでも利用することができ、好きな時にギャンブルを満喫することが可能になっています。
この点において大きな違いがあると言えるのではないでしょうか。

言い換えれば、これ以外に違いなどなく、日本国内でも安心して楽しむことができるギャンブルとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です