マーチンゲール法とモンテカルロ法の精度を高めるには

マーチンゲール法とモンテカルロ法、ともにシンプルで分かりやすく利用しやすい特徴から数百年にもわたってギャンブルに用いられてきました。
しかし、オンラインカジノなど実際に利用してみると、意外なタイミングでベット金額のミスをしてしまったり、金額が分からなくなってしまったりといったケースが少なくありません。

今回は、なぜマーチンゲール法とモンテカルロ法というシンプルな攻略法であり得ないミスが起こるのか、ミスを予防するにはどうしたらいいのかについて紹介します。
これを読めばきっと、マーチンゲール法とモンテカルロ法の精度があがり、攻略がしやすくなるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法でミスが起こりやすい理由

マーチンゲール法とモンテカルロ法でミスが起こりやすい理由
マーチンゲール法とモンテカルロ法でミスが起こりやすい理由は、ゲームが分からなくなる、同じことの繰り返しで飽きる、操作に慣れていないという3つのポイントが挙げられます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は共に利益がそこまで出せない攻略法です。
そのため、ゲーム数をとにかくこなして利益を積み重ねていくのが攻略法のポイントになります。

ただ、このように進めていくと必ず1回は、ミスを起こします。
例えば、メモをたくさん残している場合、どのゲームのメモだったか分からなくなるといった状況です。
こういった状況は起きないと思いがちですが、数十ゲーム以上をプレイしていると、徐々に分からなくなるケースも意外とあります。
そして、ミスを犯してマーチンゲール法とモンテカルロ法に失敗するのです。

同じことの繰り返しで飽きます。
とにかく数をこなさなければ利益が出ないのがマーチンゲール法とモンテカルロ法です。

そのため、同じことを何度も繰り返すのですが、だんだん飽きてしまうケースもあります。
もともとオンラインカジノは楽しむのが目的なのに、いつの間にか苦痛を伴う行為になってしまうのです。
こういった飽きがピークなると操作がおざなりになり、予想外な場面で金額を誤ってミスが発生するのです。

最後がそもそも操作に慣れていない場合です。
オンラインカジノは、操作がとても簡単で、初心者の方でも気軽に楽しく、そしてスムーズにゲームができます。
しかし、これがマーチンゲール法とモンテカルロ法といった攻略法を交えると、徐々にそのプレイが難しくなる場合も少なくありません。
どんどんプレイしなければいけないという焦りから、操作ミスを起こしてしまったり、ベット金額が大きくなると、チップの動かし方が分からなくなってくるといったトラブルに遭う場合もあります。
こういった状況になった時にミスが出てしまいます。

これら以外にもマーチンゲール法とモンテカルロ法でミスが起こるパターンはあり、シンプルなはずなのに人為的なミスで攻略が失敗する事態も十分考えられるのです。

ミスを予防するためにメモを工夫

ミスを予防するためにメモを工夫
マーチンゲール法とモンテカルロ法のミスを予防するためにメモを工夫するといった仕組みが必要です。

例えば、攻略が終わったら、マーチンゲール法とモンテカルロ法のベット金額の数や数列をリセットするという習慣をつけます。
面倒であれば、電子メモなどの道具を使ってゲームが終わるたびにボタンを押して一気に消し去るのも手段として有効です。
このようにゲームごとに何かしらのアクションを加えて、マーチンゲール法とモンテカルロ法のメモによるミスをなくしていきましょう。

アプリやWebサービスを利用して精度を上げる

マーチンゲール法とモンテカルロ法はアプリの利用やWeb上で計算ができるようになりました。
こういった手段を利用すると、計算ミスやゲームごとの混乱が減らせます。

また、スピードアップも期待できるうえに正確な計算や数字の提示をしてくれるので、精度を高める工夫として十分活躍してくれる手段です。
やはり不特定多数のユーザーに提供する点を前提としているため、利用しやすい環境になっているのが特徴で、繰り返しゲームをプレイしても使い勝手の良いものが少なくありません。
メモでよくミスをするという方は、こういった手段を利用してみるのもおすすめです。

疲労を貯めないことも精度には重要

疲労を貯めないことも精度には重要
マーチンゲール法とモンテカルロ法は、とにかく何ゲームもプレイしないと十分な利益が得られない場合があります。

そうなると一番の大敵は疲労です。
どんなに便利なアプリを利用しても、メモを工夫しても疲れが出てきてしまうと、著しく精度が衰えます。
こういった状況になる前に、思い切って仮眠をとったり、コーヒーブレイクを入れるなどして休憩を取りましょう。

一回で莫大な利益をもたらす攻略法ではないため、こういった休憩しながらの継続が、最も効果的な精度を高めるポイントです。
もし、何となく疲労を感じてきたら、一旦ゲームを休んでから臨むのが容易なのもオンラインカジノの強みです。
その強みを生かしてマーチンゲール法とモンテカルロ法の精度を上げていくのがポイントと言えます。

ネットカジノが違法と誤解されるのはなぜか

ネットカジノという言葉を聞くと反射的に違法では、そう感じることも多いはずです。
今回、この違法と反射的に誤解してしまう理由について、項目ごとに1つずつ提示し、その理由についても考察しながら解説していきます。
これを読めばネットカジノという言葉を聞いても、違法と反射的に感じなくなるのではないでしょうか。

逮捕された事件を知ってネットカジノは違法だと思ってしまった

逮捕された事件を知ってネットカジノは違法だと思ってしまった
ネットカジノがらみで実際に逮捕された事件がありました。
そのため、ネットカジノは違法だというイメージを持っている方も多いはずです。
確かにネットカジノを利用して逮捕された事件はあります。
しかし、通常のネットカジノを適切な方法で利用していなかったことがこれらの逮捕の原因です。

通常のネットカジノとは、お金のやり取り、入出金を含めた上でオンライン上でカジノをプレイすることを言います。
しかし、ネットカジノをプレイして逮捕された事件を見ると、この入出金を日本で、しかも実店舗で堂々と行われていたという点が違法行為であり、問題です。
ネットカジノはあくまで、オンラインで全て完結するため違法にはなりません。
しかし、実店舗で堂々とお金の入出金を、しかも日本国内で行ってしまったということは、違法カジノでプレイしたのと変わらないのです。
そのため、こういったプレイをすれば確かに違法ですが、通常のオンラインだけでプレイする分には違法にはなりません。

また、他の事件ではネットカジノが完全に日本人オンリーのサービスになっていたというものもあります。
ネットカジノは、あくまで海外のサービスという位置づけなので、利用者は海外のプレイヤーもいてしかるべきです。
しかし、そういったことではなく、日本人で殆どのプレイヤーが占められていた日本向けサービスになっていた時点で違法と判断されました。
こういったネットカジノではなく、広く全世界に門戸が開かれた海外に拠点のある適切なネットカジノを利用することで違法行為にはなりません。

ネットカジノは海外のサービスなので怪しく違法な印象がある

ネットカジノは海外のサービスなので怪しく違法な印象がある
ネットカジノは、違法でないものは全て海外のサービスです。
この海外のサービスという言葉がとても怪しく、それ自体が違法と考える方も少なくありません。

しかし、海外のサービスであってもそれらは国や自治政府から営業許可を受けた公認のサービスであり、それを証明するライセンスも保持しています。
こういった適切な運営をしているネットカジノがほとんどですから、怪しく違法なネットカジノというイメージは誤解と言えるでしょう。
確かに外国の言語を使っていたり、日本では目にしないような暗くて濃い目の配色といったゲーム画面を見たりすればそういった印象を抱きやすいかもしれません。
しかし、基本的に日本語にも対応しているような大手のネットカジノはギャンブルでイメージしがちな違法さはないと言えます。

ネットカジノのゲーム画面が違法な感じ

ネットカジノのゲーム画面が違法な感じ
先ほども少し触れましたが、ネットカジノのゲーム画面は、それ自体が違法な印象を受けます。
日本では見慣れない配色、ダークな演出、そしてインターフェース(操作画面)も日本のサイトでは見慣れないシステム、こういった外見だけでも違法という誤解を持ってしまいがちです。

しかし、多くのネットカジノは、そういった印象を払拭したり、海外のネットカジノの差別化やイメージの一新から、日本風のデザインにしたり、作家を起用したり、日本人のYouTuberを日本市場向けのアンバサダー(広報部門のメンバー)としてスカウトしています。

こういったイメージの改善を図っていることもあって、少し前までの暗く、陰鬱な海外サービスという印象は少なくなってきています。
試しに人気のネットカジノを調べてみると、多くのネットカジノでインターフェースの改善や画面のタッチが変わってきていることに気づくはずです。
これはここ1~2年で急速に変化してきており、かつてのような違法性を感じるイメージは大幅に変わりつつあるといえるのです。

ネットカジノは名前からして違法なイメージ

ネットカジノは、オンライン、カジノ、この二つの言葉でできています。
そんなオンラインも、ましてやカジノも何となく違法性を感じる響きという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、ネットカジノは冒頭でもお話しした通り、基本的なプレイを適切な方法で行えば違法ではありません。

オンラインだからこそ、海外のサービスとして解釈されて日本での賭博行為とみなされるような違法性がなくなります。
それにカジノと言っても、オンライン、つまり海外のサービスの上で提供されているので、旅行先の海外のカジノでプレイするのと変わりません。
このように名前が違法性を感じますが、むしろオンラインのカジノだからこそ違法性はなく、安心して遊べるギャンブルになっているといえるでしょう。

法的・道義的安全性への対策

オンラインカジノと聞いて、オンライン上で行うカジノだということまでは簡単にわかるかとは思います。
しかし、実際オンラインカジノがいつから利用されるようになったのか?安全性はどうなのか?など気になるところも多いと思います。

そこで、今回は、そんなオンラインカジノを様々な角度からご紹介したいと思います。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史は、1996年からと比較的新しいものとなります。
一般的なギャンブルとは違い、ネット環境が整わないと利用することができないオンラインカジノ。
そのため、ネットが爆発的に普及し始めたころからの歴史となります。

1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが、初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決しました。
そのことをきっかけに普及し始めたオンラインカジノ。
その後、2000年には、ライブカジノが導入され、2010年にはスマホやタブレット端末でもオンラインカジノが楽しめるようになりました。

それと同時に日本語サポートサービスを充実させてきたオンラインカジノ。
日本語サポートサービスの充実により、英語に自信がない日本人でも安心して楽しむことができるようになり、日本国内でも爆発的な人気となりました。

オンラインカジノの魅力・特徴について

オンラインカジノの魅力は何といっても、場所と時間を気にすることなく、カジノを楽しむことが可能になっている点です。
一般的な日本国内のギャンブルの場合、開催日時が決められているほか、開店・閉店によって、楽しむことができる時間が限られています。
一方、オンラインカジノの場合は、開催日時も開店時間なども一切なく、24時間365日利用することが可能です。
そのため、自分のペース合わせ、楽しむことができるのです。

帰宅してからの楽しみにする人や休日の楽しみにする人。
また、スマホを利用し移動時間の楽しみにする人など、自分に合った使い方が可能となっています。

オンラインカジノは違法ではないのか?

オンラインカジノは違法ではないのか?

日本では公営ギャンブル以外違法ギャンブルとなります。
公営ギャンブルとは競馬や競輪などを指し、その中に今のところカジノは含まれていません。
そのため、日本国内でカジノを運営することは違法行為とみなされます。

しかし、オンラインカジノはこういったギャンブルとは一線を置くことが可能となります。
例えば、日本人がラスベガスやマカオに行き、カジノを満喫しても違法にはなりません。
それと同じなのです。

オンラインカジノの運営元は海外の企業です。
これは、ラスベガスなどのようなランドカジノと同じです。
そのサイトを利用しカジノを楽しんでいるため、一般的な摘発対象のカジノにはならないのです。

ただし、オンラインカジノの場合は完全に合法というわけではありません。
摘発の対象にはならないものの、今後どうなるかわからないグレーゾーンとなります。
そのため、今後の動向を注意しておく必要はあります。

詐欺やインチキが行われているのか?

オンラインカジノすべてがクリーンなサイトではありません。
サイトの中には、悪徳サイトも紛れている場合があり、そのようなサイトを利用すると詐欺やインチキの被害に遭ってしまいます。

しかし、安全なオンラインカジノを利用した場合、詐欺やインチキの被害に遭うことはありません。
まず、オンラインカジノを運営するためには、ライセンスを取得する必要があり、この審査は非常に難しいものとなっています。
そのため、ライセンスを取得しているオンラインカジノは安心して利用できるサイトの証となります。
そのうえで、オンラインカジノでは、第三者機関により定期的にチェックを受けています。
そのような家庭をきちんと踏まえている限り、インチキすることのない安全なカジノと言えます。

オンラインカジノにおけるペイアウト率はどの程度か?

オンラインカジノにおけるペイアウト率はどの程度か?

オンラインカジノのペイアウト率は非常に高いと言われています。
それは、実際に店舗を構えていないことで人件費などを削減し実現させているもので、95%以上の高いペイアウト率を誇っています。
宝くじで50%。競馬・競輪で75%という数字に比べ、どれだけ高いペイアウト率になっているかわかるかと思います。

オンラインカジノと他のギャンブルに違いがあるのか?

オンラインカジノと他のギャンブルに違いがあるのかと言われると、自由度に大きな違いがあると言えると思います。

一般的なギャンブルの場合、開催日や開店時間などが決められ、また、その場に行きギャンブルを楽しむほか、馬券を購入する必要があります。
一方、オンラインカジノの場合は、24時間365日いつでも利用することができ、好きな時にギャンブルを満喫することが可能になっています。
この点において大きな違いがあると言えるのではないでしょうか。

言い換えれば、これ以外に違いなどなく、日本国内でも安心して楽しむことができるギャンブルとなります。

違法性はなく安全性も保障されたギャンブル

日頃、あまり賭け事をしない人でも、インターネットでスマホでゲームしている人はかなり多いと思います。
電車の中でも、スマホでゲームに熱中している人をたくさん見かけますが、彼らがゲームを楽しみながら、お小遣いを稼げることを知ったなら、間違いなくオンラインカジノにも高い関心を示すことでしょう。

オンラインカジノの特徴

オンラインカジノの特徴

オンラインカジノとは、カジノで賭けることができるポーカーやブラックジャックなどのカードゲームや、スロットマシンのようなゲームをインターネット上のサイトでできるギャンブルです。
オンライン型ではありますがこれもれっきとしたカジノで、カジノが法的に認められている国々から運営を許可するライセンスを取得して公開されているのです。

オンラインカジノの特徴は、豊富なゲームコンテンツ数にあるのですが、これらのゲームをインターネット空間で参加することができるので、場所や時間に制約されることなくプレイできることが最大の特徴であり、大きな魅力と言えます。

数年前まではパソコンでのみのエントリーだったのですが、スマホやタブレット端末からでも参加することができるようになったことで、ネットが接続できる場所にいるのであれば、何処からでも賭けることができます。
自宅はもちろんのこと、Wifiが飛んでいるコンビニ・カフェ・ファミレス・駅のコンコース・休憩所でもできますし、LTEを活用するなら、電車やバスの中でもエントリーすることも可能です。

最近は、飛行機の中でもWifiが利用できるようになっていますので、ギャンブルで時間を潰すことも不可能ではないでしょう。
オンラインカジノは世界中にたくさんありますので、24時間365日自分のタイミングで参加できるわけです。
これが、他のギャンブルとは異なる魅力として一線を画しているのかもしれません。

日本におけるオンラインカジノの法的な位置付け

日本におけるオンラインカジノの法的な位置付け

では、日本でオンラインカジノで賭けることは違法にはならないのでしょうか?
というのも、日本で公式に認められているギャンブルは、公営ギャンブルで指定されている競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじだけです。
他のギャンブルは合法とはみなされていません。

しかし、最も身近なパチンコはグレーゾーン的な位置づけで、パチンコ店での稼ぎは景品を介して換金所で現金化する3店方式を取っていることから成り立っているギャンブルです。
そのような意味ではオンラインカジノも似ており、海外のカジノサイトに日本からアクセスして賭ける行為を規制する法律が日本では整備されていません。
その結果、オンラインカジノでプレイしても、違法とは断定されないグレーゾーン的な位置づけにあるのです。

決して合法的とは言えないまでも、実際にはオンラインカジノで賭けることは問題にはなりません。
但し、日本にオンラインカジノのサーバーがあり、そこにアクセスしてプレイした場合は、違法となるので注意が必要です。

オンラインカジノの歴史や構成

オンラインカジノの法的なことを理解するには、歴史も知っておくといいでしょう。

オンラインカジノは、1990年代から始まったのですが、1994年にイギリス加盟国のアンティグア・バーグーダという国がオンラインカジノの運営許可証(ライセンス)発行の法律を制定したことが始まりです。
それから2年後の1996年に最初のオンラインカジノができたのですが、今ではインターネットの高速化とともに、世界中に数百とも数千ともいわれるカジノサイトが発生しています。

その中には、ネット特有の詐欺目的の悪質サイトも存在していますが、しっかりとした健全なサイトは、ライセンスを明確にサイト内に掲示することで、違法性・悪質性をけん制しています。
オンラインカジノを構成するクラウド型のサーバーシステムを構築して運営する中で、公平性・正当性を担保するために、各オンラインカジノは第三者的なた立場の審査機関の監査を定期的に受けて、さらに信頼性を高めています。
このようなオンラインカジノであるからこそ、海外ではギャンブルとは言え、社会的にも、高い地位を確立しているのです。

特ににギャンブルの歴史が長いイギリスでは、カジノの胴元の社会的評価は高く、大手の金融機関に匹敵するほどと言われています。
このことから、オンラインカジノ側もギャンブルの歴史の深いイギリスやジブラルタル。マン島、マルタ共和国が発行するライセンスに高い信頼性と評価を期待して取得する傾向が強いとされています。

ライセンスを持たないサイトは利用しないこと

ライセンスを持たないサイトは利用しないこと

このようにオンラインカジノの歴史を見て行くと、いかにライセンスが重要かという事が理解できると思います。

世界中には1000以上のカジノサイトがあると言われていますが、その中には賭け金目当ての悪質な詐欺サイトも実際に存在しています。
したがって、無用なトラブルや被害に遭わないためにも、キチンとライセンスを取得しているオンラインカジノで会員登録をして、そこだけでプレイすることが賢い楽しみ方となります。

せっかく貴重な時間を費やすのですから、このことは忘れないようにしておきましょう。

カジノの運営と信頼性は不可分

オンラインカジノの規模が運営に与える影響

オンラインカジノの規模が運営に与える影響

有名なオンラインカジノは、放置してもそのまま経営を続けられるようになるでしょう。
特にテコ入れをしなくても多くのユーザーが遊べる環境を整備していますし、間違いなく信頼性も確保されています。
高い信頼性を獲得できるようになれば、オンラインカジノはユーザーを常に集められるようになるのです。

今後のオンラインカジノは、有名なオンラインカジノ以外は消える可能性があります。
オンラインカジノが消える可能性としては、他のギャンブルサイトに取られてしまう問題、そして信頼性をしっかり確保しなかったためにユーザーを集められない問題が急激に強まる恐れがあるからです。

オンラインカジノはユーザー集めに苦労している

他のギャンブルサイトも現時点でユーザーを集めることには苦労していますが、そうした問題がオンラインカジノでも今後さらに強まる可能性があります。
オンラインカジノがユーザー集めに苦労しているのは、ギャンブルサイトでも知名度が足りない点、そしてネットによる情報発信に限界があるからです。
特に日本人に向けて情報を発信しようと考えると、個人的なブログ等を利用して情報を発信するしか方法がありません。

日本でオンラインカジノの宣伝をするには、現在個人ユーザーが立ち上げている情報サイト、もしくはブログ等に広告を掲載するしかありません。
オンラインカジノが自分で宣伝する方法は限られており、SNS等を利用した展開しか用意されていないのです。
しかしSNSなどを見てもあまり情報を提供されていないと判断し、ユーザーは他に情報を多く発信しているギャンブルを優先して選んでしまいます。
こうした問題がオンラインカジノで厳しい状況を生んでいるのです。

より多くの人に情報を知ってもらいたいと考えても、オンラインカジノではユーザー集めに大掛かりな広告展開ができない問題もあり、とにかく利用していいと感じてもらうしかありません。
その結果、無料ゲーム等をいつまでも展開するようになっていますし、ボーナスで大金を与えるようにしています。
オンラインカジノがある程度出費を出してでも、ユーザーを確保しなければオンラインカジノには人が来てくれない問題も続いているのです。

有名なオンラインカジノ以外は消える可能性も

有名なオンラインカジノ以外は消える可能性も

オンラインカジノは、有名じゃないところもオンラインカジノとして運営を続けていますが、今後は有名なオンラインカジノがさらに情報量を増やし、どんどんオンラインカジノとして情報を多く発信するようになります。
同時に小さいオンラインカジノよりも、大きなオンラインカジノの方が安心できると情報サイトにも記載されるようになります。
どんどん知名度のないオンラインカジノは消えてしまい、最終的には限られたオンラインカジノだけが運営を続けるかもしれません。

オンラインカジノの知名度は、ある程度ユーザーに利用されていること、そして色々な地域のユーザーが遊んでくれるという状況で高まります。
ユーザーが多くいなければオンラインカジノの知名度は高くなりませんし、むしろオンラインカジノの危険性を指摘される場合があります。
今後はより大きなオンラインカジノが知名度アップのために宣伝を続けるようになり、小さいオンラインカジノは見向きもされない可能性があります。

多くのユーザーがオンラインカジノで遊びたいと考えると、大きなオンラインカジノを優先して選んでしまいます。
同時にランキングサイトで上位に掲載されているオンラインカジノの方がいいと判断して、最終的にユーザーが1つに集中するような状況が起きてしまうかもしれません。
これらの問題点を考えると、大きなオンラインカジノは残りやすいのですが、小さいオンラインカジノはどんどん消える可能性が高くなっているのです。

オンラインカジノは生き残り戦争に入っている

オンラインカジノは生き残り戦争に入っている

オンラインカジノは、他のギャンブルと比較されるようになりましたし、気軽に遊べるギャンブルサイトも多くなったため、どのような方法で生き残ればいいのか検討しているところです。
海外のオンラインカジノは、他のサイトと比較されるようになってしまい、徐々にですが厳しい環境に置かれています。
何とかして知名度アップを図りたいと考えた場合、宣伝やオンラインカジノに関連する環境整備を続けなければなりません。

その結果、オンラインカジノはオンラインカジノの中で生き残り戦争に突入しており、本当にいいとされるオンラインカジノしか残らなくなります。
そしてギャンブルサイトに勝つための宣伝を残されたオンラインカジノだけがしっかりと続けて、何とかオンラインカジノの知名度アップに貢献していくのです。

これから先はオンラインカジノと言えど苦労する場面が多くなるでしょう。
ネットには多くのギャンブルが今でも存在します。気軽に遊べるギャンブルとしてオンラインカジノがどれくらい戦えるのかが注目されており、生き残りには色々な策が必要です。

真に信頼されるために解決すべき課題

オンラインカジノの社会的な問題とは?

オンラインカジノの社会的な問題とは?

オンラインカジノには、さまざまな社会的な問題点がありますが、それをまずはプレイヤーが把握しておくことが必要です。

オンラインカジノは、ギャンブルの中でも人気であり、世界中でプレイヤーが熱狂しています。
日本国内でも手軽にインターネットからカジノが楽しめて、そしてリアルマネーを賭けて楽しむことができます。
しかし、その反面、オンラインカジノはいくつかの社会的な問題点を抱えています。

そこで、こういったオンラインカジノの社会的な問題点にはどういったものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノとスパム広告の問題

オンラインカジノの社会的な問題点ですが、悪質なウェブオーナーによる、スパム広告の問題を抱えています。
インターネット上で、掲示板に無差別に貼り付けられているスパム広告を見かけたこともある方はいると思います。
人によっては、ブログのコメント欄に大量にスパム広告が貼り付けられていることもあるようです。

これは全てのオンラインカジノがそういったことをしているというわけではありません。
実は一部の悪質なオンラインカジノのウェブオーナーの仕業なのですが、悪質なカジノが一部こういったことをすることで、多くの人が迷惑を被ってしまうことになります。

スパム広告が蔓延することによって、オンラインカジノ業界全体がマイナスイメージになってしまうのはとても残念なことなのですが、受け取り側がこれを設定して拒否するしか方法がありません。
スパム広告が蔓延することによって業界全体が悪いイメージに見られているのは、社会問題の一つです。

オンラインカジノとサポート体制の問題

多くのオンラインカジノでは、日本語サポートを取り入れて顧客満足に特化したサポートのあるオンラインカジノが増えつつあります。
しかし、まだまだオンラインカジノの多くが、サポートが充実していないというのが現状です。
問い合わせをしても、日本語がしっかりと通じなかったり、雑な対応をされてしまったり、あるいはサポートが無視をするなんてこともあるようです。

オンラインカジノとサポート体制の問題

オンラインカジノ産業の歴史は浅く、他のサービス産業と比較すると、サービス意識が薄いので、プレイヤー側もサポートに期待をすると、期待はずれな結果になってしまうこともあります。
オンラインカジノは、社会的な問題を抱えていますが、このサポートの問題もその一つです。このため、オンラインカジノを選ぶ際には、最初にカジノ選びをしっかりとすることがとても大切です。

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題

オンラインカジノの深刻な問題としてこちらのギャンブル依存症の問題があります。
オンラインカジノは、れっきとしたギャンブルです。
そして勝ち負けのリターンの差が激しいギャンブルです。
このため、快楽の差が激しく、ギャンブル依存症に陥ってしまうことになります。

ギャンブル依存症になってしまうと生活の全てがギャンブル一食になってしまい、けして自分の意志では止めることができません。
元々、ギャンブル依存の傾向が高い方は、オンラインカジノに手を出すことを避けておきましょう。

また、ギャンブル依存症の傾向がある方は、専門機関や病院での治療をすることをおすすめします。

オンラインカジノとインカジの問題

オンラインカジノとインカジの問題

オンラインカジノは、法律的にはグレーゾーンとなっており、正式に違法とされているわけではありません。
従って、プレイヤーは処罰されたことはないのですが、オンラインカジノを悪用した、「インカジ」などの違法店が相次いで摘発されています。

日本国内でオンラインカジノを運営することは違法なのですが、こういった違法カジノを運営する違法業者も出てきており、管理が難しくなっているというのが現状です。
そして、オンラインカジノは、法律的には曖昧な部分があり、どこまでがセーフなのかということもプレイヤーがわかっていない状態となっています。
インカジについては、不正やイカサマも行われている可能性が高く、社会全体の課題となっています。

信頼性を担保する仕組み

オンラインカジノの魅力・仕組み

オンラインカジノの魅力・仕組み

オンラインカジノは、パソコンで気軽にできるインターネット上のギャンブルゲームです。
海外ではすでに非常に多くの方が遊んでいるギャンブルで、パソコンからアクセスし、スロットやルーレット、そしてバカラやブラックジャック、ビデオポーカーなど、カジノでおなじみのゲームが数百種類も遊べます。

オンラインカジノは、ゲームで遊べるのはもちろんですが、実際にリアルマネーを賭けて楽しめるのも大きな魅力です。
さらに、ゲームに勝つことができれば当然お金を増やすことができますので、手持ちのお金を大きく増やしていくことも可能なのです。

オンラインカジノは、実際に安定して手堅く勝つこともできますし、運次第のゲームばかりではありません。
オンラインカジノのゲームのほとんどは、ペイアウト率が97%以上です。
オンラインカジノは、世界中のプレイヤーからも人気ですし、テナント料や店舗の維持費がかかりません。
人件費もかからないので、そういった点で、他のギャンブルとは異なり、プレイヤーに儲けを還元することができる仕組みになっています。

オンラインカジノに詐欺やインチキはない?

オンラインカジノに詐欺やインチキはないかどうかということなのですが、オンラインカジノが登場した当初は詐欺・インチキのサイトもたくさんありました。
しかし、その後はオンラインカジノを運営する上で、ライセンスを取得しなければ運営をすることが出来なくなり、さらにこのライセンスはその国の政府が発行をしています。
政府がかかわっているからこそライセンスは信頼に値するものですし、発行されていればそれなりにしっかりとした運営業者といえますので、安心して利用をすることができるといえます。

しかし、ライセンスは国によって発行基準が異なりますので、なるべくライセンスの発行基準が厳しい国のライセンスを取得しているオンラインカジノを選ぶことをおすすめします。

ライセンスを取得するまでの道のり

オンラインカジノ運営業者がライセンスを取得するまでの道のりですが、それは非常に厳しいものです。

ライセンスを取得するまでの道のり

どんな運営業者でもライセンスが取得できるというものでは当然なく、運営会社の財務状況や信用力なども総合的に判断されます。
オンラインカジノの運営をすることができるのかなどが審査では見られますし、半年以上の月日を賭けて、高額なライセンス料を支払いようやくライセンスが発行されるものです。

従って、いい加減な運営業者ならライセンスを取得することは困難ですし、ライセンスがあるかないかで、ある程度安全性の高いオンラインカジノを選ぶことができるのです。

ライセンスの取得後は?

オンラインカジノを運営するためには、このようにライセンスを取得する必要がありますが、それらを取得したのちにも、実は外部の監査機関からの監査が入ります。

そして、カジノに不正がないか、プログラムの改ざんがないか、ペイアウトがきちんとなされておりサポートがしっかりとしているのかなどの監査が入ります。
そしてそれらはデータ化され、公表されることになります。
もしも、ここで不正を行っていれば、その企業の信頼は失墜してしまうことになります。
オンラインカジノの運営業者側も、高額なライセンス料を支払いライセンスを苦労して発行してもらったのにも関わらず、不正を行うことは考えにくいです。

オンラインカジノの市場は拡大しており、普通に運営をしたほうが儲かるのにもかかわらず、一時の収益のために企業の信頼を落とすことは考えにくいでしょう。
このため、ライセンスを取得し、外部の監査機関からの監査を自ら受けているオンラインカジノは信頼できますし、安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノのシステム

オンラインカジノのシステム

オンラインカジノは運営会社がプログラムを運営していますが、ゲームソフトを提供しているのはゲームのソフトウェア会社です。
このため、ゲームで選ぶ場合はソフトウェア会社はどこのものが採用されているかもしっかりとチェックしましょう。

ソフトウェア会社の中でも「プレイテック」「マイクロゲーミング」などは大変有名ですし、大手の企業なので信頼できます。
面白いゲームが揃っているかどうかも、一つの選ぶ基準ですので、この辺りもチェックしておきましょう。

また、オンラインカジノの決済などのお金の流れを管理しているのが、決済会社の存在です。
オンラインカジノは、銀行送金、プリペイドカードやクレジットカードも使えるのですが、長く遊ぶならオンライン決済サービスであるエコペイズやiwalletなどの口座を作成しておくと便利です。

これはなぜかというと、電子決済システムの場合、入出金を一つのアカウントで全て管理できて、送金もスピーディーだからです。
このように、オンラインカジノは、カジノの運営業者だけではなく、さまざまな企業が関わっているのです。

勝てる旨味を実感する為に必要な事

ギャンブルをするならばオンラインカジノがオススメ

日頃の鬱憤を晴らすには、ギャンブルに興じるのが一番です。
注目のオンラインカジノを紹介しましょう。

オンラインカジノがオススメされている理由

オンラインカジノがオススメされている理由

多くのギャンブラーからオンラインカジノがオススメされています。
その理由はさまざまですが、手軽に楽しめる点を大きなメリットとして間違いないでしょう。
インターネット環境さえ整っていればOKですから、屋内屋外を問いません。
もちろん、365日24時間楽しめる点も大きいです。

ほかに、これだけの条件が整ったギャンブルはあるでしょうか?
しかも、勝率の点からみてもオンラインカジノは群を抜いています。
つぎの項目で検証しましょう。

オンラインカジノの勝率

世の中には、さまざまなギャンブルが存在します。
それぞれの勝率を比較するために、ペイアウトを利用しましょう。
ちなみに、ペイアウトとは還元率のことであり、賭けた金額に対する払い戻し金額の割合を表しています。

たとえば、宝くじのペイアウトは約45%程度とされており、これをギャンブルとするには低すぎる数値です。
宝くじは、高額当選を夢見るものとして考えましょう。

つぎに競馬のペイアウトを検証します。
こちらは約80%程度です。宝くじよりは数値アップしていますが、まだ低いのではないでしょうか?

勝率からみてもオススメできるギャンブルは、断然オンラインカジノとなります。
理由は驚異的なペイアウトだからです。
具体的には、ペイアウトが97%以上であり、初心者であっても十分に勝機ありとなります。

オンラインカジノのメリット

オンラインカジノのメリット

オンラインカジノが勝ちやすいことは理解できたかと思います。
また、手軽な点も長所として考えられます。
さらに、さまざまなプロモーションボーナスが用意されている点も多くのギャンブラーから歓迎されています。
初回入金を済ませただけでボーナスが付与されますから、あっという間に軍資金を増やせるのです。
このようなギャンブルが他にあるでしょうか?

オンラインカジノの注意点

ペイアウトの数値が高いからといって、必ず勝てるわけではありません。
ペイアウトの盲点とされるのが、勝負回数に対する部分です。
オンラインカジノは、特性として勝負回数の多さが挙げられます。
ギャンブルには勝負の波が存在しており、ツキに見放されると短時間で軍資金が溶けてしまう危険性を有しているのです。

オンラインカジノを安全に楽しむためには、勝負の波を見極めることが大切となります。
ペイアウトを過信すると、痛い目に遭う可能性が高くなってしまうでしょう。

オンラインカジノと賭博罪について

オンラインカジノと賭博罪について

ギャンブルは刺激的であり、常習性があるとされます。
そのために、没頭してしまうと勤労意欲がそがれる危険性が指摘されています。
また、暴力団の資金源としてギャンブルが活用される傾向にあり、取り締まりによって国民の安全を守る必要性が存在するのです。

賭博罪の概要は、お金を賭ける行為そのものを賭博罪とするものであり、賭博をおこなう場所の提供は賭博場開帳図利罪として罪に問われるものです。

オンラインカジノは違法となるのか?

オンラインカジノはギャンブルであり、違法性が気になるところです。
たびたび専門家により論じられるのですが、オンラインカジノは賭博罪に照らし合わせるとグレーゾーンに位置するとされます。
ハッキリ黒ではありませんので、捕まることはないと考えてください。

日本の賭博罪は国内におけるギャンブル行為や胴元行為が摘発対象です。
海外でギャンブルを楽しんでも捕まることはありません。
そして、オンラインカジノはインターネットを利用するギャンブルです。
サービスの提供者は海外に拠点を構えるカジノ運営業者となります。
よって、海外に設置されたサーバーによって提供されるカジノゲームを取り締まることはできません。
胴元を取り締まれないということは、プレイヤーも摘発対象にできないということになります。

これらは、あくまで現在の法律に照らし合わせた見解ですから、つねに最新の情報を収集するようにしてください。

オンラインカジノプレイヤーの摘発事件

オンラインカジノプレイヤーの摘発事件

2016年の3月にオンラインカジノを楽しんでいたプレイヤーが摘発される事件が発生しました。
いままでの常識が覆される事件であり、ショッキングなものとして日本列島を駆け巡ったのです。

事件の概要は、会員制カジノサイトであるスマートライブでブラックジャックを楽しんでいたプレイヤー3名が摘発されました。
このうち2名は事件の長期化を恐れ、罪を認めて罰金を払ったのです。
しかし、のこる1名は罪を認めず、法廷で争うことを決断しました。
日本の法律からすれば、胴元を有罪にできなければプレイヤーの摘発はできないはず、と考えたのです。
この予想は当たり、最終的に最後の1名は不起訴となったのです。

教訓としたいのは、プレイヤーとして特定されないように注意することとなります。
安易にブログへ書き込むのを控えなければなりません。

優れたギャンブルで稼ぐ為に

オンラインカジノと他のギャンブルの違いについて

オンラインカジノと他のギャンブルの違いについて

オンラインカジノとそのほかのギャンブルは、海外の業者が運営をしているか、日本に胴元があるかという点で、違いがあります。
日本の公営ギャンブルには、パチンコやスロットや競馬があり、これらは非常に日本人から親しまれており、歴史もあります。

反対にオンラインカジノは、比較的新しいギャンブルで、海外発ということもあり、日本ではまだ馴染みがそれほどないという違いがあります。
オンラインカジノが登場したのは、1994年であり、オンラインカジノは合法国でライセンスが発行されて運営されているものですが、日本国内では、法律的にはまだグレーゾーンであり、それほど知名度は高くありません。

最近では、日本語化サイトも増えているものの、手軽さの面でまだ大きく劣っているというのが大きな違いです。

ペイアウト率の違いと比較

オンラインカジノのペイアウト率は程度の差こそあれ、97%程度に設定されています。
競馬やパチンコは80~85%、そして宝くじは45%なので、オンラインカジノのペイアウト率が非常に高いことが比較すると分かります。
競馬やパチンコは、正確なペイアウト率は公表されていませんが、勝ちやすさは圧倒的にオンラインカジノが高いのではないかと考えられています。

また、オンラインカジノには、ボーナスがあります。
初回ボーナスや月初ボーナスといった多彩なボーナスが揃えられており、入金金額が大きければ、その倍以上のボーナスが貰えたりします。
こういったプレイヤーへのサービスがある分、それだけ勝ちやすくなっているともいえます。

オンラインカジノは始めるまでが面倒?

パチンコやスロットは、お店に訪れてゲームに現金を投入するだけですぐに誰でも始めることが出来ますが、オンラインカジノはそうではありません。
オンラインカジノは、始めるまでにアカウント登録が必要ですし、入出金手段を考える必要があり、口座を作成する必要があります。
そのため、どうしても始めるまでに手続きに手間がかかってしまうといえます。

また、入出金の際にも、申請をしてから、実際に支払われるまで時間がかかる場合があり、即現金化出来るパチンコやスロットとは違います。
このような手軽さの面で、オンラインカジノはまだまだな部分があるといえます。
オンラインカジノは、まだ発展途上のサービスともいわれており、入出金にトラブルが発生することも多く、この点でも公営ギャンブルとは違いがあります。

始める際にチェックすべきこと

始める際にチェックすべきこと

オンラインカジノをいざ始めるとなると、いくつかチェックしておきたいことがあります。
まず、始める際には年齢制限を確認しましょう。
オンラインカジノは、ギャンブルなので、通常のゲームとは違い、年齢制限が設けられています。
通常は18歳未満が禁止となっていることが多いですが、オンラインカジノによっては20歳以上でないと利用できないこともありますので、事前に利用規約を読んでおきましょう。
年齢をチェックしておくことがまずは大切です。

オンラインカジノには軍資金が必須

オンラインカジノは、お金を賭けるゲームなので、軍資金が必要です。
無料ゲームもありますが、実際にギャンブルで、お金を賭けてこそカジノの醍醐味があります。

プレイヤーの任意で設定できますが、軍資金は10万円程度用意しておきましょう。
オンラインカジノには初回ボーナスや入金ボーナスが用意されていますが、ある程度の金額を入金しておかないと、ボーナスが受け取ることが出来ません。
それを考えると、10万円程度は用意をしておいた方が良いでしょう。

また、オンラインカジノでの入出金の方法ですが、「エコペイズ」「iwallet」といった入金手段が主な方法となっています。
しかし、チップを購入するために、クレジットカードが便利ですので、カードも何枚か用意しておきましょう。
これはなぜかというと、オンラインカジノによっては、クレジットカードが使えないケースもありますので、カード会社を変えてみることが必要になるからです。

本人確認書類とスキャナー

オンラインカジノは、口座情報確認のため、定期的に払い戻しの際に、本人確認書類が求められることが多いです。
このため、身分証明書を用意しておくと良いでしょう。
身分証には、運転免許証や、パスポートであれば問題はありません。またメールで添付することが一般的です。スキャナーを用意しておけば、提出の際に便利なので、安いものを用意しておきましょう。

電子決済サービスのアカウント

オンラインカジノでは、「エコペイズ」「iwallet」などの入出金口座が主流となっています。
クレジットカードで入金が出来ても、出金が出来ないので、こういったアカウント口座を作成しておきましょう。オンライン上で入出金管理が出来て非常に便利です。

電子決済サービスのアカウント

大手銀行のインターネットバンキングが必要

入出金の管理をするために、インターネットバンキングの口座を用意しておくと、パソコンで見る事が出来るので、便利となっています。

また、外貨口座などがあれば何かと便利に使えます。

安心・安全なオンラインカジノの特徴

ライセンスが堂々と記載されている

ライセンスが堂々と記載されている

ライセンスを持っていることをアピールしているなら、優良のオンラインカジノと判断できます。
ライセンスを持っていないと、オンラインカジノとしては認められないので、ライセンスを堂々と掲載していることは重要になるからです。
いいオンラインカジノを利用したいと思っているなら、ライセンスの確認は行ってください。

ライセンスは優良なカジノの証明

オンラインカジノであることを証明するためには、ライセンスが絶対に必要です。
ライセンスを持っていない場合サイトに掲載できませんので、本当にこのオンラインカジノは大丈夫なのかと思われてしまいます。
オンラインカジノの信頼性という部分を考えると、ライセンスを堂々と掲載できることが重要なポイントとなっています。

信頼できるオンラインカジノというのは、サイトにライセンスについての記述もありますし、どの国から発行されているかも掲載しています。
つまり、オンラインカジノのサイトを見ているだけで、大体の情報はつかめるようにしています。
悪質なオンラインカジノほど、ライセンスなどの記述が掲載されていないため、結果的に信頼できないようなサイトに変わってしまうのです。

ライセンスは正しいものが掲載される

ライセンスは正しいものが掲載される

オンラインカジノのサイトには、ライセンスが正しく掲載されています。
悪質なオンラインカジノの場合は、偽装していることも多数あり、本当にライセンスを受けているように見せかけているだけのサイトもあります。
しかし、本来ならライセンスは、正しいものを掲載していおくことが普通ですから、優良のオンラインカジノなら信頼度の高いライセンスが掲載されているはずです。

優良なオンラインカジノの場合は、受け取っているライセンスを調べると、簡単に情報を知ることが可能です。
ライセンスについては、調べるための情報サイトもありますので、オンラインカジノのライセンスが本物かどうか、判断することは個人でもできます。

堂々と掲載していることが信頼に繋がる

ライセンスを受けていても、堂々と掲載できないようではオンラインカジノの信頼性はありません。
オンラインカジノは、掲載するページをしっかり作って、ライセンスについての説明もしっかり行っています。

ライセンスの掲載が小さくされているとか、説明するページが用意されていないなどの問題があれば、オンラインカジノが悪質と考えてもいいでしょう。
問題となるオンラインカジノは利用しないほうがいいでしょう。

メール配信が適切

メール配信が適切

オンラインカジノのメールは、キャンペーンが開催されている場合や、必要な手続きが開始されているときにだけ送られる仕組みです。
逆に言えば、オンラインカジノがメールを大量に送ってくることはありません。

スパムメールなどが送られてくるような状況は、悪質なオンラインカジノと言えます。
逆に、必要最小限のメールだけを送ってくるようなオンラインカジノは、安心して利用できます。

メール配信は少ない傾向に

色々なメールを送ってくれるオンラインカジノもありますが、本来であれば、必要最小限のメールしか送らないのがオンラインカジノです。
オンラインカジノとしては、メールの量が多くなってしまうと、メール作成のスタッフが多くなります。
人件費が増えてしまうことは、オンラインカジノをうまく運営していくことが難しくなってしまうので、オンラインカジノのメール配信は少ない傾向を保っているのです。

メールが頻繁に送られてくるオンラインカジノは、むしろオンラインカジノ側がメールを作っているのではないと思ってください。
提携している他の会社がメールを作成して、ユーザーのメールアドレスに送信しているのです。
他の会社にメールアドレスを渡しているのは、あまり良くない傾向と言えます。

悪質なオンラインカジノは、メールアドレスを全く関係のない会社に売却しており、その利益によってオンラインカジノ側が不正に収入を得ている形になります。
当然スパムメールも大量に送られてくるので、メールアドレスには大量のメールが次々配信されるようになります。

迷惑メールの量も大事な判断材料

迷惑メールの量も大事な判断材料

迷惑メールの数が多すぎる場合、オンラインカジノは悪質と考えてもいいです。
メールの量が多くなるサイトもありますが、迷惑メールとして登録されるような、明らかにおかしいメールばかり送られてくるのは危険性が高いです。
メールアドレスが他の会社に売却されてしまい、変なメールが次々と送られているような状況が生まれているのです。

メールアドレスを売却するようなオンラインカジノは、当然悪質です。
逆に言えば、迷惑メールを送ってくることがないオンラインカジノは、優良なサイトと考えてもいいです。
サービスを健全に運営して、問題なく運営できるような方針を採用していることもあり、オンラインカジノで遊びやすいように考えてくれます。
メールの送信1つ取っても、実は相当重要なポイントなのです。