勝てる旨味を実感する為に必要な事

ギャンブルをするならばオンラインカジノがオススメ

日頃の鬱憤を晴らすには、ギャンブルに興じるのが一番です。
注目のオンラインカジノを紹介しましょう。

オンラインカジノがオススメされている理由

オンラインカジノがオススメされている理由

多くのギャンブラーからオンラインカジノがオススメされています。
その理由はさまざまですが、手軽に楽しめる点を大きなメリットとして間違いないでしょう。
インターネット環境さえ整っていればOKですから、屋内屋外を問いません。
もちろん、365日24時間楽しめる点も大きいです。

ほかに、これだけの条件が整ったギャンブルはあるでしょうか?
しかも、勝率の点からみてもオンラインカジノは群を抜いています。
つぎの項目で検証しましょう。

オンラインカジノの勝率

世の中には、さまざまなギャンブルが存在します。
それぞれの勝率を比較するために、ペイアウトを利用しましょう。
ちなみに、ペイアウトとは還元率のことであり、賭けた金額に対する払い戻し金額の割合を表しています。

たとえば、宝くじのペイアウトは約45%程度とされており、これをギャンブルとするには低すぎる数値です。
宝くじは、高額当選を夢見るものとして考えましょう。

つぎに競馬のペイアウトを検証します。
こちらは約80%程度です。宝くじよりは数値アップしていますが、まだ低いのではないでしょうか?

勝率からみてもオススメできるギャンブルは、断然オンラインカジノとなります。
理由は驚異的なペイアウトだからです。
具体的には、ペイアウトが97%以上であり、初心者であっても十分に勝機ありとなります。

オンラインカジノのメリット

オンラインカジノのメリット

オンラインカジノが勝ちやすいことは理解できたかと思います。
また、手軽な点も長所として考えられます。
さらに、さまざまなプロモーションボーナスが用意されている点も多くのギャンブラーから歓迎されています。
初回入金を済ませただけでボーナスが付与されますから、あっという間に軍資金を増やせるのです。
このようなギャンブルが他にあるでしょうか?

オンラインカジノの注意点

ペイアウトの数値が高いからといって、必ず勝てるわけではありません。
ペイアウトの盲点とされるのが、勝負回数に対する部分です。
オンラインカジノは、特性として勝負回数の多さが挙げられます。
ギャンブルには勝負の波が存在しており、ツキに見放されると短時間で軍資金が溶けてしまう危険性を有しているのです。

オンラインカジノを安全に楽しむためには、勝負の波を見極めることが大切となります。
ペイアウトを過信すると、痛い目に遭う可能性が高くなってしまうでしょう。

オンラインカジノと賭博罪について

オンラインカジノと賭博罪について

ギャンブルは刺激的であり、常習性があるとされます。
そのために、没頭してしまうと勤労意欲がそがれる危険性が指摘されています。
また、暴力団の資金源としてギャンブルが活用される傾向にあり、取り締まりによって国民の安全を守る必要性が存在するのです。

賭博罪の概要は、お金を賭ける行為そのものを賭博罪とするものであり、賭博をおこなう場所の提供は賭博場開帳図利罪として罪に問われるものです。

オンラインカジノは違法となるのか?

オンラインカジノはギャンブルであり、違法性が気になるところです。
たびたび専門家により論じられるのですが、オンラインカジノは賭博罪に照らし合わせるとグレーゾーンに位置するとされます。
ハッキリ黒ではありませんので、捕まることはないと考えてください。

日本の賭博罪は国内におけるギャンブル行為や胴元行為が摘発対象です。
海外でギャンブルを楽しんでも捕まることはありません。
そして、オンラインカジノはインターネットを利用するギャンブルです。
サービスの提供者は海外に拠点を構えるカジノ運営業者となります。
よって、海外に設置されたサーバーによって提供されるカジノゲームを取り締まることはできません。
胴元を取り締まれないということは、プレイヤーも摘発対象にできないということになります。

これらは、あくまで現在の法律に照らし合わせた見解ですから、つねに最新の情報を収集するようにしてください。

オンラインカジノプレイヤーの摘発事件

オンラインカジノプレイヤーの摘発事件

2016年の3月にオンラインカジノを楽しんでいたプレイヤーが摘発される事件が発生しました。
いままでの常識が覆される事件であり、ショッキングなものとして日本列島を駆け巡ったのです。

事件の概要は、会員制カジノサイトであるスマートライブでブラックジャックを楽しんでいたプレイヤー3名が摘発されました。
このうち2名は事件の長期化を恐れ、罪を認めて罰金を払ったのです。
しかし、のこる1名は罪を認めず、法廷で争うことを決断しました。
日本の法律からすれば、胴元を有罪にできなければプレイヤーの摘発はできないはず、と考えたのです。
この予想は当たり、最終的に最後の1名は不起訴となったのです。

教訓としたいのは、プレイヤーとして特定されないように注意することとなります。
安易にブログへ書き込むのを控えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です